仏事の知識

お彼岸のご供養

 

日本人が多くお墓参りをする日?

日本の国の祝祭日の中で、仏教的慣習にもとづいて制定されたものは、春分の日と秋分の日の2日だけですが、この両日を中心とした7日間が“春の彼岸”と“秋の彼岸”です。一般的にこれら両彼岸はお墓参りと結びつけて考えられており、恐らくこの彼岸の期間中は一年のうちで一番多くの人がご先祖さまのお墓参りをする、といっても過言ではないかもしれません。
お彼岸にはできるだけ家族そろってお墓参りをしましょう。お参りに特別の作法はありません。お墓をきれいに洗い、周囲も掃除して花や線香をたむけ、お菓子などもお供えします。そして合掌礼拝の前に水桶からたっぷりと水をすくい、お墓の上からかけ ます。水をかけるのもお布施の一つなのです。

 

お彼岸法要のはじまり

最初に彼岸法要(讃仏会)が行なわれたのは今から約1200年前のことで、諸国にあった国分寺の僧侶が春と秋の2回、中日を挟んで前後3日間の計7日間にわたり仏を讃えお経をあげたと伝えらえています。

 

“彼岸”とは?

彼岸という言い方は「到彼岸」を略したもの。これはインドで使われている言葉のひとつサンスクリット語の「パーラミター」(波羅蜜多)を訳した言葉で、文字通り彼岸へ到達するという意味です。彼岸とは悟りの世界を意味し、迷いや苦悩に満ちたこちら側の岸(此岸)に対して、あちら側の岸(彼岸)、つまり極楽浄土のことを推しています。では、どうしたら極楽浄土の岸へ渡れるのでしょうか?

 

 仏教には六波羅蜜の教えというのがあります。

1.【布施】他人へ施しをすること

2.【持戒】戒を守り、反省すること

3.【忍辱】不平不満を言わず耐え忍ぶこと

4.【精進】精進努力すること

5.【禅定】心を安定させること

6.【智慧】真実を見る智慧を働かせること

 

こうした徳目は本来なら毎日心がけるべきなのですが、日頃は忙しくてなかなか実行できないのではないでしょうか。そこで、せめて春と秋、年に2回くらいは実践しようというのが、そもそものお彼岸法要の意味でした。

 

春のぼたもち、秋のおはぎ

「ぼたもち」と「おはぎ」は、お彼岸のお供えにはかかせないものです。両方とも、蒸した餅米とアンコの同じ素材でつくられる食べ物ですが、季節の花になぞらえて、春の彼岸にお供えするのがぼたもちで、秋にお供えする場合はおはぎと言います。季節感も一緒に味わいながらぼたもちやおはぎをいただきましょう。

 

その他「お彼岸」に関するご質問は...まで。