仏事の知識 

お仏壇と日々のおつとめ

 

お仏壇と日々のおつとめ

仏教各宗派の本尊仏とともに、位牌や法名軸などをおまつりするのが仏壇です。仏さまに向かい、手を合わせ、心を込めてご先祖さまを供養するために、ぜひとも仏壇を備えたいものです。
仏壇には伝統的な[金仏壇]と[唐木仏壇]があり、さらにはマンション等洋式の住宅にあわせた[家具調仏壇]があります。金仏壇は正式には漆塗金仏壇といい、漆と金箔の輝きが荘厳な印象を与えます。唐木仏壇(木地仏壇)は黒檀や紫檀のような銘木を使 用し、落ちついた重厚な風合いを見せるお仏壇です。材質や工法によって仏壇には価格差が生じるため、表面的に立派に見えても安価であったり、小さくても高価であったりします。購入の際には当店のアドバイザーに相談し予算にあった仏壇を求めると良いでしょう。


 

お仏壇の形と造り

仏壇の中の構造は、ふつう三段になっています。最上段の中にご本尊、その両脇に脇侍仏やお脇掛をかけます。ご本尊をおまつりするところが宮殿(く うでん)といいます。その下にある台が須弥壇で、この上に上卓(うわじょく)をおき、仏飯器や茶湯器をお供えします。二段目の中央に前卓(まえじょく)をおき、三具足や五具足をおかざりします。
お位牌は宗派によってちがいますが、一段目のお脇掛のところか、二段目に安置するのがふつうです。
三段目には香炉、花立、リンなどをおきます。このほか、お仏壇の前に経机をおき、経本、りん、その横に木魚などをおきます。宗派によって使う仏具にちがいがありますので、お寺か当店までご相談ください。

 

■お仏壇の飾り方

 

 

①ご本尊 ②お位牌 ③茶湯器 ④仏飯器

⑤花立て ⑥線香立 ⑦香炉  ⑧火立 ⑨おりん

 

 

その他「お仏壇」に関するご質問は...まで。