神棚の祀り方

祀り方

 

神棚のまつり方

家庭に神棚を設けるのは、その家の繁栄と平和を祈るためです。一家の人々が心をあわせて、神さまを敬い、ご先祖さまを尊び、子孫を愛するのが家庭の信仰です。このような気持ちで神棚を拝めば、神さまやご先祖さまがお守りくださり、家庭は円満に、 子孫代々まで繁栄することでしょう。
神棚を置くときは、清浄で、家庭の人に親しみやすく、毎日拝んだり、お供え物をするのに都合の良い場所を選びます。神棚は正面を南に向けて、または東に向けて置くのが良いとされ、下をくぐり抜けないような場所が理想的です。
場所が決まったら、天井から吊るなり、鴨居を利用するなどして棚を設け、その中央に宮形を置きます。棚は宮形や、スペースにあわせて適当な大きさにします。


■神棚の祀り方

①神鏡 ②水玉 ③お米 ④塩 ⑤瓶子(御神酒) ⑥榊立て ⑦火立て ⑧真榊


神棚に参拝するときは、まず手を清め口をすすいでからお供えをします。そして二礼(深くお辞儀を2度)二拍手一礼します。家族で参拝するときは主人が前に、家族は後ろに並び主人の作法に合わせて拝礼します。

 

神棚とお仏壇、同じ部屋に置いてもいいの?

昔からよく、仏さまと神さまがけんかするので、お仏壇と神棚を同じ部屋に置いてはいけない、といわれることがあります。しかし、これは気にする必要はありません。日本人は古くから神さまか仏さま、どちらか一方ということではなくともに信仰してきました。お寺と神社ですら同じ境内にあるところがあります。神さまと仏さまがともにあるのは、日本人にとってとても身近で自然なことなのです。
ただ、お仏壇と神棚を向かい合わせにして置いてはいけません。どちらか一方を拝むとき、もう一方におしりを向けることになってしまうのは失礼だからです。

その他「神事」に関するご質問は...まで。